盗聴器の事を理解して、盗聴器対策をしましょう。

特捜盗聴器

ホーム なぜ盗聴をされるのか 盗聴器を探す会社の選び方 盗聴器の種類 盗聴器を探す ご意見・ご感想

盗聴器の今を考える

盗聴器と考えると恐ろしいですよね。
ですが、この恐ろしい盗聴器は、普通に売られているのです。昔なら、1つ数十万円〜と言うような値段が付いていたのですが、今では、一万円からでも購入をする事ができるようになりました。そういった事もあり、誰でも盗聴できるし、される可能性があります。
しかも、小型化されてきていて、それでも性能は上がってきているのです。売られている場所も、電気街に行けば普通に買う事が出来ますし、インターネットからでも簡単に購入をする事ができるのです。もうこうなったら、防犯カメラで身を守る事も考えなければなりません。
ですので、いたずら半分で購入をして、設置をする人も出てきているのです。
また、小型化されているので、設置をする場所もチョットしたスペースがあれば可能となっていて、普段の生活をしていては、絶対に見つける事ができないのです。
さらに怖いのが、身内による設置です。家の中に盗聴器を設置をする為には、家の中に侵入をしないといけません。
しかし、身内なら簡単に家に入る事ができますので、怪しまれる事なく、盗聴器を設置する事ができるのです。

盗聴器と法律

盗聴器を使う事は悪いと言うイメージがありますが、実は盗聴器を購入などをしても、違法にはならないのです。
実際に盗聴器を使用した場合には、違法となるようなケースもありますが、ほとんどの場合には、盗聴をした事自体を取り締まる法律がないのです、
ですので、これから盗聴器についての法律を作らないといけないのではないかと思います。
しかし、盗聴をすると言う事は、すべてが悪い事ではなかったりもします。
警察も捜査の為に盗聴器を使用する事もありますし、探偵も盗聴器を使用する事があります。
今の日本でもし盗聴をしている事がバレて逮捕をされてしまったとしても、罪になるのは、不法侵入や、場合によっては器物破損、電気通信事業法違反とか、電波法違反と言うような事でしか逮捕できないのです。
ですので、被害者が思っているほど長くは服役をしなかったりもします。これでは盗聴が無くなる事は望めないような気もしますね。

注目サイト

卒業式 袴 レンタル
http://girlshakama.jp/

最終更新日:2016/12/6

Copyright (C) 2008 特捜盗聴器. All Rights Reserved.